BlogPeopleトップ | トラックバック・ピープル | アフィリスト | ガチャフォト | 今日のおすすめ献立 | レビューミー | ブログランキング

« ブログでファミマを中傷した結果、業務妨害容疑で大学生が逮捕されたそうです | メイン | シックス・アパートが設立5周年イベントを12月2日の開催 »

「裁判員に選ばれた」とブログに書いてもいいの?

来年5月に始まる裁判員制度ですが、裁判員に選ばれた人は「選ばれちゃった」って誰かに言ってもいいものなのでしょうか?
裁判員法は、裁判員や候補者が誰かということを「公にしてはならない」と定めているそうです。

でもマージンがあって、


法務省刑事局は「公にする」の意味を、「不特定または多数の人が知りうる状態におく」と解釈している。特定の少数なら大丈夫だが、特定であっても多数の人が知りうる場合は問題になる。

ということで、

たとえば、家族内や職場で机を並べる同僚に伝えるぐらいなら、「特定少数」だからセーフ。街頭の集会で自分が選ばれたと明かしたり、ネットの掲示板で明らかにしたりすれば、実際に見聞きする人が少なくても、「不特定」の人が知りうるのでアウトだ。

「えー、それって本当?」って思うかもしれませんが、これらの引用はasahi.comの以下の記事からのものです。

「裁判員です」話していいのは…家族○、匿名ブログは△

さて、ブログで「選ばれちゃった」と書くことについてですが、

最近はやりのブログ。日々の身辺雑記をつづる人も少なくない。筆者の素性が分からない場合は大丈夫そうだが、匿名のブログや会員制サイトでも、他の公開情報と照らし合わせて筆者が簡単に特定できる場合は危ない。

ということで、書いている人が誰であるか、って結局隠してもばれることなんで、できれば書かないほうがいいような気はします。もっとも書いてしまっても、この規定に罰則はないため、違反しても、罪に問われることはないそうです。ちょっと安心ですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://news.blogpeople.net/bp-news/mt-tb.cgi/145

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

今日のおすすめ献立

食事の献立に困ったときは!

「お知らせ」など

Trackback People

【BlogPeopleピープル】

レビューミー!

応援&レビューコメント募集中!

アフィリスト

「ブログ」キーワードでのAmazonの商品の表示例。
もっとサンプル見る>>