BlogPeopleトップ | トラックバック・ピープル | アフィリスト | ガチャフォト | 今日のおすすめ献立 | レビューミー | ブログランキング

« VAIO type Pを買いました | メイン | PSPをPCのサブモニタにするプログラム「PSPdisp」 »

TOFUという名のロボット

TOFUというと豆腐なわけですが、豆腐は英語だとTOFUではなく「Bean Curd」といったりします。

Curdは最初聞いた時は「Card」だと思い、「豆のカードかあ。米国の人は豆腐をカード上に切って食べるんだなあ」と勝手に理解してたりしたんですが、それがcardではなくcurdであることを知った時はとても恥ずかしかったです。

でも今改めてcurdをアルクで調べてみると

《食》カード、カード状の食品、凝乳、凝乳状の食品、花蕾球◆液体(動物のミルク、豆乳、レモン汁)を凝固させたもの。curdを採った残りの液体は whey。チーズはミルクのcurdから作る。

ということであながち外れでもなく、ちょっとほっとしたりして。ま、どうでもいい話なんですけど。

さて、そんなTOFUという名前のロボットが最近一部でちょっと話題です。まずは以下のビデオを見てみてください。

このTOFUというロボットを「Botropolis」というサイトの以下の記事で知りました。

MIT Labs TOFU Robot Is Like a Furry Keepon

説明によると

It’s name is TOFU, a “squash and stretch” robot with OLED eyes developed by the boffins at the MIT Media Lab.

ということでMIT(マサチューセッツ工科大学)で開発された「ぺちゃんこになったり伸びたりするロボット」だそうです。

ビデオを見ればわかりますが、これまでのロボットは「おお!」というものはあるにしろ、可愛らしさ、みたいなものはあまりありませんでした。ソニーのロボット犬「アイボ」ですらあまり愛らしさはありませんでしたよね。

それに対してこのTOFUはアニメーターを雇ってこの動きを実現したそうです。そういわれてからもう一度ビデオを見ると、なるほどアメリカのアニメみたいな動きですね。

ファービーみたいな感じでおもちゃとして発売されるようになるのかはまだわかりませんが、こういうのがヒントになって愛らしいロボットおもちゃが増えるとお子さんがいる家庭は楽しくなるでしょう。

にしても、TOFUみたいなロボットが部屋に置いてあって音楽が鳴る度にこういう動きをするとちょっとびっくりするかもですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://news.blogpeople.net/bp-news/mt-tb.cgi/192

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

今日のおすすめ献立

食事の献立に困ったときは!

「お知らせ」など

Trackback People

【BlogPeopleピープル】

レビューミー!

応援&レビューコメント募集中!

アフィリスト

「ブログ」キーワードでのAmazonの商品の表示例。
もっとサンプル見る>>