BlogPeopleトップ | トラックバック・ピープル | アフィリスト | ガチャフォト | 今日のおすすめ献立 | レビューミー | ブログランキング

« オバマ大統領をモチーフにした「飾り巻きずし」 | メイン | 電車はどこにいく、って話じゃない。 »

Safari 4.0ベータがリリース

Safari 4.0ベータがリリースされました。

アップル、Safari 4のパブリックβ公開

SafariはHTMLのレンダリングエンジンにAppleのWebkitというのを使っているのですが、GoogleのChromeもこのWebkitを使っています。

で、後からリリースされたSafari 4.0ベータの方が今のChromeより速いのかな、と思ったらそうでもないようです。

Safari 4 ベータはWebkit 528.16を、Chrome 2.0はWebkit 530を使っているようです。

で、今のブラウザのパフォーマンスというのはJavaScriptのJITの性能によるところが大きいのですが、以下のサイトのベンチマークテスト比較を見る限りはChromeで採用しているV8がよい結果を出しているようです。

Dromaeo: JavaScript Performance Testing

まあ、ベータですからね。正式版ではどうなるかわかりませんが、とにかくこんな感じでブラウザメーカーは競っているんだなあ、ってことがわかるとWebサイトを見る時に、それはそれでまた違う見方ができて楽しいかもしれません。例えば「Safari 4 Betaの登場です。世界最高速のウェブブラウザの画期的な新機能をご覧ください。」なんて書いているページなどを見るときですね。

まあ、ほとんどの人にはどうでもいい話なんですけど。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://news.blogpeople.net/bp-news/mt-tb.cgi/218

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

今日のおすすめ献立

食事の献立に困ったときは!

「お知らせ」など

Trackback People

【BlogPeopleピープル】

レビューミー!

応援&レビューコメント募集中!

アフィリスト

「ブログ」キーワードでのAmazonの商品の表示例。
もっとサンプル見る>>