BlogPeopleトップ | トラックバック・ピープル | アフィリスト | ガチャフォト | 今日のおすすめ献立 | レビューミー | ブログランキング

« 小さな子供の駐車テクニック | メイン | 32/64bitアセンブラ言語で書かれたOS「MenuetOS」 »

サンフランシスコに行くなら見ておきたいサイト「San Francisco Crimespotting」

「San Francisco Crimespotting」というアメリカのサンフランシスコ市内で発生した犯罪の場所と種類を地図上に表示するサイトがありました。

SF-20090820.jpg

San Francisco Crimespotting

このサイト、ユーザインタフェースが素晴らしく、見たい情報にとても素直に表示させることができます。

デザインしているのは同じくサンフランシスコにあるStamenというスタジオです。

Stamen

こちらのサイトにはStamenが手がけた他のサイトも紹介されており、それもまたいろいろ刺激される点が多く、おもしろいです。

それにしてにサンフランシスコは犯罪が多いですね。旅行に行く人は事前にこのサイトで行っちゃいけないエリアを確認した方がいいかもしれませんね。夜はもちろん危険なんですが、昼間ですら犯罪が発生している地域があるようなので。

ちなみに数的に多い「narcotics」というのは「麻薬」ですね。こわいですね。次に多い「simple assault 」というのは直訳すると「単純暴行」ということで、これはいわゆるケンカにあたるんでしょうか。robberyとかTheftとかburglaryというのは強盗とか窃盗、泥棒です。Vehicle Theftは車上荒らしでそれらとは別扱いのようです。Vandalismというのは公共物破壊行為、Arsonは放火ですね。

さすがに殺人(murder)はほとんどない、ってのが救いです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://news.blogpeople.net/bp-news/mt-tb.cgi/349

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

今日のおすすめ献立

食事の献立に困ったときは!

「お知らせ」など

Trackback People

【BlogPeopleピープル】

レビューミー!

応援&レビューコメント募集中!

アフィリスト

「ブログ」キーワードでのAmazonの商品の表示例。
もっとサンプル見る>>