BlogPeopleトップ | トラックバック・ピープル | アフィリスト | ガチャフォト | 今日のおすすめ献立 | レビューミー | ブログランキング

« Linuxを搭載した「misa」という名のデジタルギター | メイン | ニュータイプなソフトウェアキーボード「Swype」のAndroid版のベータがリリースされました。 »

Winのエクスプローラの「新規作成」機能をMacのFinderに実現する2つのAppleScript

Windowsのエクスプローラの「ファイル」メニューには「新規作成」というメニューがあり、これを使ってフォルダやインストールしているアプリケーションによっていろいろな形式のファイル(TXTやXLS、RTF、PSDなど)の"空"にファイルを作成することができます。

で、これを使って何かドキュメントやデータを作成したい時に、まず最初に空のファイルを作ってからそのファイルをダブルクリックしてアプリケーションを起動させ作業をしてセーブ後終了、というプロセスで作業している人もいるわけです。要するに「どんなアプリケーションを使っているか」を意識しないわけですね(これが信じられないという人もいるかと思いますが)。

で、WindowsからMacに移行したこういう人が非常に困る事に、MacOS XのFinder内では新規フォルダは作成できるものの空の新規ファイルが作成できない、というものがあります(いや、こういう人もいるんですよ)。

そんな人にために空のテキストファイルと空のRTFファイルをカレントフォルダ内に作成するAppleScriptが公開されました。

newtextfilehere.zip
NewRTFHere(ダウンロードはここ

その名の通りnewtextfilehereは選択しているフォルダ内に新規のテキストファイルを作成し、NewRTFHereはRTFファイルを作成します。

これらのAppleScriptをダウンロードしたらFinderのアイコンが並んでいるツールバー部分にアイコンをドラッグして配置してみてください。そして必要な時にそれらのアイコンをクリックするだけで新規のテキスト(new.txt)またはRTFファイル(ファイル名は作成時に指定)が作成されます。

ということでWindowsからMacにスイッチした人でエクスプローラの「新規作成」機能を活用していたんだけどFinderにはなくて残念、という人は是非これらのAppleScriptを試してみてください。

にしてもアプリ起動が先かファイル作成が先か、というのはいろいろ議論があっておもしろそうですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://news.blogpeople.net/bp-news/mt-tb.cgi/451

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

今日のおすすめ献立

食事の献立に困ったときは!

「お知らせ」など

Trackback People

【BlogPeopleピープル】

レビューミー!

応援&レビューコメント募集中!

アフィリスト

「ブログ」キーワードでのAmazonの商品の表示例。
もっとサンプル見る>>