BlogPeopleトップ | トラックバック・ピープル | アフィリスト | ガチャフォト | 今日のおすすめ献立 | レビューミー | ブログランキング

« Chrome用ゲーム・エクステンション「Air Hockey」 | メイン | とにかくいろいろカスタマイズ可能なGmailやGoogleカレンダーの通知ソフト「Scott's Gmail Alert」 »

Google MapsのAPIにElevationService Maps APIが追加、標高データなどが取得できるようになったようです。

Google Mapsに標高データが加わり、これがAPI経由で取得できるようになったようです(Google Mapsサービスそのものではまだ利用されていないようです)。

Using either the new ElevationService Maps API v3 class or the Elevation Web Service you can request the elevation in meters for one or more sets of coordinates, or you can request a specific number of elevation samples equally spaced along a path.

Google Geo Developers Blog: Ain't No Mountain High Enough...

標高だけじゃなくて海の場合は水深が返されるようです。

以下はこのAPIとGoogle Visualization APIを使ったデモ画像です。

google-maps-v3-20100325.jpg

地図の下にピンが刺さっている間の標高の推移が表示されています。その青い部分内にマウスカーソルを置くと地図上に緑にピンが表示され、その位置の標高を知ることができます。

デモではエベレスト山とかグランドキャニオン、デスバレー、チャレンジャー海淵、エアーズロックなどが用意されているので地図をサテライトモードなどに切り替えながらその高さや深さを楽しめるかと思います。

多分、自転車でどこかに旅行に行く、なんて時にとても役に立つことになるんでしょうね。

Google Geo Developers Blog: Ain't No Mountain High Enough...

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://news.blogpeople.net/bp-news/mt-tb.cgi/495

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

今日のおすすめ献立

食事の献立に困ったときは!

Powered by
Movable Type 3.34

「お知らせ」など

Trackback People

【BlogPeopleピープル】

レビューミー!

応援&レビューコメント募集中!

アフィリスト

「ブログ」キーワードでのAmazonの商品の表示例。
もっとサンプル見る>>