BlogPeopleトップ | トラックバック・ピープル | アフィリスト | ガチャフォト | 今日のおすすめ献立 | レビューミー | ブログランキング

« 「To Do」じゃなくて「To Done」のためのサイト「To→done」 | メイン | ゲームにおける「雨」の進化 »

エディタではなくテキスト作成ソフトという感じの「WriteMonkey 」(Windows用)

起動するとソフトが画面全体を覆ってしまうWindows用テキストライターソフトです。デスクトップが隠されるので文字を書くことに集中できます。

WriteMonkey - Home

同じようなソフトでMacにはWhiteRoomというものがあり、とても有名なので多分これのコンセプトを頂いちゃったんでしょうね。Monkeyという名前が入っているのがそんなところかと。

日本語も入力可能なのですが、スペースキーで文字を変換すると変換が終わった瞬間に確定になってしまうという点が非常に惜しいのですが、それ以外のところはとてもよい感じです。

こんな感じでショートカットも豊富に用意されているのでキーボードでの操作に集中することもできます。

おもしろいなあ、と思ったのは「progress」というコマンドで現在入力している文字数がわかったり「repository」という画面が別に用意されていてそこにメモや未完成のテキストなどを貼り付けておきテキスト入力画面と切り替えながらテキスト作成作業を進められる点、そして入力したテキストを隠してしまって新しいパラグラフのみを表示させたりできるといった点でしょうか。

とにかく「テキストを書く」ことにあれやこれやで集中させてくれる機能が提供されているわけです。

でも、「Lookup」というコマンドでは選択したテキストをすぐにWebで検索することができるのですが、日本語は化けてしまうのが残念です。

という感じで残念な点はあるものの、めちゃくちゃカスタマイズすることもできますし、様々な機能が用意されているのでバージョンアップに期待しつつ、設定を自分用に調整して鍛えていくと面白いのではないかと思いました。

あ、もちろんフルスクリーンモードだけじゃなくてウィンドウモードもありますよ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://news.blogpeople.net/bp-news/mt-tb.cgi/516

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

今日のおすすめ献立

食事の献立に困ったときは!

Powered by
Movable Type 3.34

「お知らせ」など

Trackback People

【BlogPeopleピープル】

レビューミー!

応援&レビューコメント募集中!

アフィリスト

「ブログ」キーワードでのAmazonの商品の表示例。
もっとサンプル見る>>