BlogPeopleトップ | トラックバック・ピープル | アフィリスト | ガチャフォト | 今日のおすすめ献立 | レビューミー | ブログランキング

« iOS4.2のAirPrintで非サポートなプリンタを利用可能にする「Printopia」とWindowsでAirPrintをアクティベートする「AirPrint Activator」 | メイン | テトリスもどきゲーム「Tetravalanche」 »

MacでAirPrint非サポートなプリンタを利用可能にする無料の「AirPrint Hacktivator」とPDFに変換してDropboxにアップロードする方法。

先週の金曜日に「iOS4.2のAirPrintで非サポートなプリンタを利用可能にする「Printopia」とWindowsでAirPrintをアクティベートする「AirPrint Activator」」というエントリーを書いたのですが、その後週末に手持ちのiPhoneを4.2にしてから「AirPrint Activator」を試した無事動作しました。

で、その記事でMacでAirPrint非サポートなプリンタを利用可能にするソフトウェアとして「Printopia」を紹介したのですが、これは有料のソフトでそれはそれでいいのですが、無料のやつがあったのでそちらもご紹介します。それは「AirPrint Hacktivator」というやつです。

AirPrint Hacktivator

こちらも同様にうまく機能するのですが、ポイントが1つあります。それはAirPrint HacktivatorでアクティベートしたらMacの「環境設定」→「プリンタ」で一度iPhoneから利用したいプリンタを削除してから再度登録し、その時に「ネットワークでこのプリンタを共有」にチェックを入れてあげないといけません。そんな大した作業ではないし、一度やってしまえばあとはもうやることないのでがんばってみてください。

で、ついでなのでAirPrint使ったもっと面白いことを見つけたのでそちらもご紹介します。それは印刷したいと思ったものをPDFにしてDropboxにアップロードしてしまう、というものです。

iPhoneでサイトやメール見てたりしているときに印刷するまでもないんだけど、保存しておきたいな、なんてものがあるときに便利なのではないでしょうか。

詳細は以下のページをご参考ください。

AirPrintでPDFをDropboxに送る
[via ザリガニが見ていた...。]

こちらでは色々書かれていますが、ポイントとしては、

1.CUPS-PDFをインストールする。
2./etc/cups/cups-pdf.confの中の

#UserUMask 0022

の「#」を外して「UserUMask 0022」とする。

3.ln -s /var/spool/cups-pdf ~/Dropbox/ を実行してDropboxの下にPDFファイルが作成されるディレクトリをシンボリックリンクする。

あ、もちろん「AirPrint Hacktivator」などでCUPS-PDFをiPhoneからの出力先プリンタにしておく必要はありますよ。でもそれだけです。

この環境を作っておくと、iPhoneでCUPS-PDFをプリンタ出力先に指定すると、そのページがPDFになってDropboxに入っていくので、あとはどこからでも取り出すことができるようになります。

是非お試しください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://news.blogpeople.net/bp-news/mt-tb.cgi/660

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

今日のおすすめ献立

食事の献立に困ったときは!

Powered by
Movable Type 3.34

「お知らせ」など

Trackback People

【BlogPeopleピープル】

レビューミー!

応援&レビューコメント募集中!

アフィリスト

「ブログ」キーワードでのAmazonの商品の表示例。
もっとサンプル見る>>