BlogPeopleトップ | トラックバック・ピープル | アフィリスト | ガチャフォト | 今日のおすすめ献立 | レビューミー | ブログランキング

« Google Chromeの「アプリケーションのショートカットを作成」コマンドを試したことがない人に。 | メイン | 風船で宙に浮くベンチ »

Gmail Labの「Mute」機能がよりよくなって登場

First up is “Smart Mute,” a new Gmail Labs feature that helps solve the problem of conversations that just won’t die.

New in Labs: Smart mute and easier ways to unmute - Official Gmail Blog

GmailのLabで提供されていた「Smart Mute」(スマートミュート)という機能がよりよくなって登場したようです。

自分のメール アドレスが「To」欄か「Cc」欄に追加された場合や、宛先が自分だけの場合以外は、ミュートしたスレッドが受信トレイに再び表示されないようにします。自分のメール アドレスが既に「To」欄か「Cc」欄に含まれている場合にスレッドをミュートにすると、宛先が自分 1 人のときにのみ、そのスレッドは受信トレイに表示されます。

Gmail Labにいって「Smart Mute」機能をenableにすると使えるようになるんですが、これを使ってカンバセーションが続いているメールを「Mute」すると以後は受信トレイに現れなくなるみたいです。

これ、使い方がよくわからないかもしれませんが、例えばメーリングリストに参加しているものの、あまり興味のないテーマが今盛り上がっている、なんて場合に「Mute」しておくとメーリングリストから脱退することなくその興味のないテーマだけスルーすることができるようになるわけです。

Muteに指定したメールは受信トレイに表示されなくなったらどこに行っちゃうのかな、ってのはよくわかりません。今からちょっと試してみますね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://news.blogpeople.net/bp-news/mt-tb.cgi/664

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

今日のおすすめ献立

食事の献立に困ったときは!

Powered by
Movable Type 3.34

「お知らせ」など

Trackback People

【BlogPeopleピープル】

レビューミー!

応援&レビューコメント募集中!

アフィリスト

「ブログ」キーワードでのAmazonの商品の表示例。
もっとサンプル見る>>