BlogPeopleトップ | トラックバック・ピープル | アフィリスト | ガチャフォト | 今日のおすすめ献立 | レビューミー | ブログランキング

« 「クルマを救って」のトヨタのキャンペーンの違和感 | メイン | 「リングアーツ」と命名された輪を使ったイリュージョンのビデオ »

Webページのコンテンツからものすごく簡単にAndroidアプリを作ることができるサービス「AppsGeyser」

HTMLベースのAndroidアプリを簡単に作れるというサイト「AppsGeyser」が公開されたようです。

では実際に作ってみましょう。

ページにアクセスすると「Create Now」というボタンがあるのでそれをクリックします。

すると以下の3つのメニューが表示されます。

「モバイル用のWebサイト」「Webウィジェット」そして「Webページの一部」といったものをアプリ化できるようです。

一番簡単なのが「モバイル用Webサイト」です。このボタンをクリックしてみましょう。

するとWebサイトURLとかアプリの名前等を入力するページが表示されるのですが、基本的な作業はWebページのURLを入力するだけです。するとそのサイトを表示するアプリがすぐにできあがります。

こうして作ったアプリはiPhoneでいえばSafariでサイトをブックマークする際にホーム画面にショートカットを作成するようなのと同じです。なので「アプリ」と呼ぶにはちょっと、って感じですが、いちいちブラウザを起動してブックマークから・・・という手順を考えるとそれなりに役に立ちそうです。他人向けというより自分向けによくアクセスするサイトをアプリ化してみる、というのもアリな気がします。

アプリっぽいのが作れるのは「WEB WIDGET CODE」でしょうか。CSSやJavaScript、AJAXを使ったHTMLページを作成すれば本当にアプリっぽいものをそのコードをページにペーストするだけで作成できます。これはいい感じです。

また小技系のアプリに最適だな、と思えるのが「WEB PAGE CONTENT」です。ボタンをクリックするとURLを入力するように求められます。ここで入力したページの一部をアプリ化することができるわけです。ただし、USER-AGENTがiPhoneになるらしいのでページを取得しにいった際にiPhone用のページなどが用意されているとiPhone用ページが表示されてしまうのでちょっと注意が必要です。

刻々と変わるデータを表示しているWebページのその部分だけをアプリ化する、なんて時に便利ですね。

そんなわけでとても簡単にWebコンテンツをAndroidアプリ化することができますので、是非お試しください。アイディア次第では人気アプリを作っちゃうことになるかもしれませんよ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://news.blogpeople.net/bp-news/mt-tb.cgi/780

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

今日のおすすめ献立

食事の献立に困ったときは!

Powered by
Movable Type 3.34

「お知らせ」など

Trackback People

【BlogPeopleピープル】

レビューミー!

応援&レビューコメント募集中!

アフィリスト

「ブログ」キーワードでのAmazonの商品の表示例。
もっとサンプル見る>>