BlogPeopleトップ | トラックバック・ピープル | アフィリスト | ガチャフォト | 今日のおすすめ献立 | レビューミー | ブログランキング

« 映画「カールじいさんの空飛ぶ家」の家を実際に建てた人がいた。 | メイン | 撮った写真が絵になるiPhone/iPadアプリ「Paper Camera」が楽しい! »

Instagramで撮影した写真をGoogle+に自動でアップする方法

「Sharing Instagram photos on Google+ automatically」(Instagramの写真をGoogle+に自動でアップする方法)という英語の記事がありました。

Sharing Instagram photos on Google automatically

そんなわけでInstagramもGoogle+も使っていないって人はまったく関係ない記事になるわけですが、iPhoneを持っている人であればInstagramは相当面白いサービスですので一度試してみてください。

Instagram App

カテゴリ: 写真

価格: 無料

さて、英語によるその記事ですが、セットアップというか準備が結構たいへんなのでそれを日本語で解説したいと思います。

最初に必要なものをリストします。

・起動しているMacまたはPC
・Instagramのアプリとアカウント
・Dropboxのアカウント
・Picasaのアプリとアカウント
・Google+のアカウント

まずはInstagramで撮影した写真をまずDropboxに自動でアップロードするところから始まります。

「Instadrop」というサイトにアクセスしてまずはInstagramのアカウントとDropboxのアカウントを紐付けます。

Instadrop

何回かアプリケーションの承認画面が出てきますが、それを全部承認してください。作業が完了したら試しにInstagramで何か写真を撮ってみてください。その後ちょっとするとDropboxに「Instagram Photos」というフォルダが作成され、その中に撮影した写真がアップロードされます。

次にPicasaのデスクトップアプリケーションを用意します。インストールしていない人は以下のPicasaのサイトからダウンロードしてください。

http://picasa.google.com/

Picasaアプリを起動したら「ファイル」メニューから「Picasaにフォルダを追加」コマンドを実行し、先ほどDropboxの中に作成された「Instagram Photos」フォルダをクリックして選択します。すると右側にそのフォルダとその中身が表示されます。

右側に表示された「Instagram Photos」フォルダの下に「共有」と書かれたプルダウンメニューがあるので、それをクリックしてみてください。「同期を有効にする」というメニューが表示されるのでそれを選択します。これでInstagramで撮影された写真をPicasaに自動でアップロードするところまでができました。

次にGoogle+のログインして「写真」アイコンをクリックしてみるとPicasaにあげた「Instagram Photos」が見えますので、それをクリックして表示させるとアルバム名の横に「アルバムを共有」というボタンがあるのでそれをクリックして共有するようにすれば以後はInstagramで写真を撮るとGoogle+に投稿されるようになります。

詳細は以下の記事をご参考ください。

Sharing Instagram photos on Google automatically

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://news.blogpeople.net/bp-news/mt-tb.cgi/801

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

今日のおすすめ献立

食事の献立に困ったときは!

Powered by
Movable Type 3.34

「お知らせ」など

Trackback People

【BlogPeopleピープル】

レビューミー!

応援&レビューコメント募集中!

アフィリスト

「ブログ」キーワードでのAmazonの商品の表示例。
もっとサンプル見る>>