BlogPeopleトップ | トラックバック・ピープル | アフィリスト | ガチャフォト | 今日のおすすめ献立 | レビューミー | ブログランキング

« 「月」をモチーフにしたのフロアマットと暗闇で光るクッション | メイン | 600BPMで弾きまくる世界最速ギタープレイのビデオ »

それぞれ能力が違う小さなロボットが協力しあって1つの仕事を成し遂げるビデオ

これは面白いです。思わず引き込まれてしまいました。

Swarmanoidというロボットのプロジェクトがあります。Swarmanoidは完全な1つのロボットではなく複数のロボットユニットから構成されます。それは目の役割を果たし空を飛ぶことができるeye-bots、手の役割を果たすhand-bots,そして移動に必要な足の役割を果たすfoot-botsです。これらのユニットも1つではなくそれぞれ複数います。

そんなロボットユニットがお互いの機能を発揮しながら1つのタスクを完了する、というビデオです。そのタスクは本棚にあるある本を取ってくる、というものです。いやー、これは面白いですね。

ビデオで何をやっているかについて簡単に説明します。

まずロボットの電源がOnになるとロボット達は自分が今どんなところにいるのかわかりませんのでeye-botsが空を飛びながら情報収集を開始します。

目的となる本を見つけたらその場所を仲間に教えてあげなければなりませんが、通信範囲は限られています。そこでfoot-botsが通信可能な距離で並び発見したという情報をバケツリレー的に教えていきます。

発見情報を受けたhand-botsは移動手段(足)がないのでfoot-botと「合体」し、目的地まで運んでもらいます。

hand-botsが目的地についたら目的の本をゲットしミッション完了です。

うわー、なんか興奮するなあ。というか単機能のロボットがお互いに協力しあって、ってのは最近の少年ジャンプ的というかいろいろ夢が広がりますよね。

ということでビデオをお楽しみ下さい。 「AAAI-11 AI Video Competition」という大会でBest Video Awardを受賞したようです。

Robot 'Mission Impossible' wins video prize - tech - 12 August 2011 - New Scientist

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://news.blogpeople.net/bp-news/mt-tb.cgi/822

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

今日のおすすめ献立

食事の献立に困ったときは!

Powered by
Movable Type 3.34

「お知らせ」など

Trackback People

【BlogPeopleピープル】

レビューミー!

応援&レビューコメント募集中!

アフィリスト

「ブログ」キーワードでのAmazonの商品の表示例。
もっとサンプル見る>>