BlogPeopleトップ | トラックバック・ピープル | アフィリスト | ガチャフォト | 今日のおすすめ献立 | レビューミー | ブログランキング

« セネガルにあるピンクの湖 | メイン | カルガリー大学が実験している親指1本指によるiPhoneジェスチャー操作「Fat Thumb」 »

ヒッグス粒子とは

昨日ヒッグス粒子とみられる新粒子が発見さえたことがニュースとなりました。

ヒッグス粒子とみられる新粒子発見 日本経済新聞

欧州合同原子核研究機関(CERN)は4日、物の質量(重さ)の起源とされる「ヒッグス粒子」とみられる新しい粒子を発見したと発表した。2つの国際チームによる大型加速器を使った探索実験で、新粒子が99.9999%以上の確率で存在するとの結果を得た。年内にもヒッグス粒子と最終的に確認される公算が大きく、成功すればノーベル賞級の発見となる。

この新粒子がヒッグス粒子だったとするとノーベル賞確実といわれるぐらいのものすごい発見のようなのですが、ヒッグス粒子がなんであるか、またそれが発見されるとどうなるのかまったくわかりませんでした。

ですが、そこはさすがインターネットではそういうのをわかりやすく解説してくれているサイトがいくつかあり、それらを読むとなんとなくわかった気になってきます。

野尻美保子先生による、ヒッグス粒子の解説(分かりやすい、たぶん)

7月4日は正念場:「絶望の粒子」の発表に委ねられる In Deep と私の人生の存亡

これらのサイトを読んだ後にリンク元の日経の記事の以下の部分を読むとこれまたなんとなくわかったような気がします。

CERNのホイヤー所長は同日、「ヒッグス粒子と(特徴が)合致する新粒子の発見に成功した」と述べた。新粒子がヒッグス粒子と確認されれば、宇宙の成り立ちの解明が大きく前進する。

なるほど、ビッグバンの存在が証明されるわけですね。

新粒子がヒッグス粒子であることが確認されビッグバンの存在が証明されたら次はどうなるんでしょうかね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://news.blogpeople.net/bp-news/mt-tb.cgi/1031

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

今日のおすすめ献立

食事の献立に困ったときは!

Powered by
Movable Type 3.34

「お知らせ」など

Trackback People

【BlogPeopleピープル】

レビューミー!

応援&レビューコメント募集中!

アフィリスト

「ブログ」キーワードでのAmazonの商品の表示例。
もっとサンプル見る>>