BlogPeopleトップ | トラックバック・ピープル | アフィリスト | ガチャフォト | 今日のおすすめ献立 | レビューミー | ブログランキング

« ゲーム「アサシン・クリード III」をテーマにしたビデオ | メイン | スマホやキーボードを除菌できる紫外線除菌器 »

なぜ米国の投票日は火曜日なのか

米国時間で6日から始まる大統領選挙の投票ですが、日本では日曜日に行われるのになぜか火曜日に行われます。この理由を調べてみました。Wikipediaに載っていました。

スーパー・チューズデー - Wikipedia

アメリカは建国以前から選挙で選ばれた者が政治を行ってきた。選挙は開拓時代から行われたが、キリスト教徒であった人々は日曜日を安息日として休み、家族と共に過ごした。
翌日の月曜日を投票日とすると、広大な国土のアメリカでは投票所から遠くに住む人は前日の日曜日の一日をかけて馬車などで来なければならないが、これでは安息日とはならない。
遠方の人も日曜日は休み、月曜日の一日をかけて投票所をめざし、火曜日なら投票が行える。こうして、伝統的にアメリカでは投票日は火曜日となっている

なるほど。アメリカならではの広大な土地の問題からだったんですね。

ちなみに仕事されている方って就業時間中に抜けて投票しにいくんでしょうか。いろいろわからない事だらけです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://news.blogpeople.net/bp-news/mt-tb.cgi/1115

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

今日のおすすめ献立

食事の献立に困ったときは!

Powered by
Movable Type 3.34

「お知らせ」など

Trackback People

【BlogPeopleピープル】

レビューミー!

応援&レビューコメント募集中!

アフィリスト

「ブログ」キーワードでのAmazonの商品の表示例。
もっとサンプル見る>>