BlogPeopleトップ | トラックバック・ピープル | アフィリスト | ガチャフォト | 今日のおすすめ献立 | レビューミー | ブログランキング

« エクストリームな縄跳び | メイン | 東京で撮影されたイギリスのロックバンド「MUSE」のPV »

「STOP CISPA」って事で4月22日は米国のWebサイトがブラックアウトしております。

全部のサイトってわけではないのですが、最近話題のAnonymousの呼びかけで4月22日は米国のサイトが「STOP CISPA」を訴えるためにこんな感じのデザインになっているものがあります。

DotD%20Wants%20to%20Stop%20CISPA%21

このCISPAですが、これは「Cyber Intelligence Sharing and Protection Act」の略で米連邦政府と民間企業が潜在的なサイバー脅威に関する情報を共有することを許可する法案なのですが、まだ法案化されていません。ですが、GoogleやYahoo、マイクロソフトなどはこの支持に回っているようです。

グーグル、米ヤフー、MSの幹部らによる業界団体、CISPA支持を米議会に表明

米CNETのDeclan McCullagh記者によると、既存の米国連邦法の下では、「有線、口頭、または電子的手段による任意の通信の傍受」に協力するすべての個人または企業は、法律によって明示的に権限が与えられている場合を除き、刑事責任を問われる可能性があるが、CISPAはそのようなプライバシー保護を覆すものになるという。

で、なんで支持に回っているかというと、

各種技術業界団体や一部の技術企業がCISPAを支持しているのは、必ずしもそれを高く評価しているからではなく、それに競合するさらに規制の厳しい法案よりはましであると考えているためである。

という事情のようです。

ですが、やはりAnonymous的には全面的に反対ということで4月22日のBlackout dayに向け以下のようなビデオを公開しています。

いろいろたいへんですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://news.blogpeople.net/bp-news/mt-tb.cgi/1224

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

今日のおすすめ献立

食事の献立に困ったときは!

Powered by
Movable Type 3.34

「お知らせ」など

Trackback People

【BlogPeopleピープル】

レビューミー!

応援&レビューコメント募集中!

アフィリスト

「ブログ」キーワードでのAmazonの商品の表示例。
もっとサンプル見る>>