BlogPeopleトップ | トラックバック・ピープル | アフィリスト | ガチャフォト | 今日のおすすめ献立 | レビューミー | ブログランキング

« あなたはこのオムライスを食べられるか!? | メイン | 151人のアーチストが集まってポケモンをテーマにチャリティーギャラリーを開催 »

大人には見えず子供にしか見えない児童虐待の街頭広告

見る位置によって見える映像が違う、という広告で、それを使って児童虐待にあっている子供に連絡するように伝えています。

つまりこういうことです。

身長が170cmぐらいの大人が見るとこんな範囲で広告を見ます。

Child%20Abuse%20Ad%20Uses%20Lenticular%20Printing%20to%20Help%20Children%20While%20Remaining%20Invisible%20to%20Adults

同じように見える広告でも135cmぐらいの子供が見るとこんな広告になっているというわけです。

Child%20Abuse%20Ad%20Uses%20Lenticular%20Printing%20to%20Help%20Children%20While%20Remaining%20Invisible%20to%20Adults

まあ、大人でも屈んで視点の位置を地上から135cmぐらいにすれば同じ広告が見れるわけですが、常にわざわざそんなことはしないですもんね。

こちらのシステムですが、ANAR FoundationGrey Group Spainによって作られたそうなのですが、もう実際に使われているのかどうかは定かではありません。

Child Abuse Ad Uses Lenticular Printing to Help Children While Remaining Invisible to Adults

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://news.blogpeople.net/bp-news/mt-tb.cgi/1232

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

今日のおすすめ献立

食事の献立に困ったときは!

Powered by
Movable Type 3.34

「お知らせ」など

Trackback People

【BlogPeopleピープル】

レビューミー!

応援&レビューコメント募集中!

アフィリスト

「ブログ」キーワードでのAmazonの商品の表示例。
もっとサンプル見る>>