BlogPeopleトップ | トラックバック・ピープル | アフィリスト | ガチャフォト | 今日のおすすめ献立 | レビューミー | ブログランキング

« 置物のような猫 | メイン | 生後5ヶ月の赤ちゃんを喜ばせたいボクサー犬 »

AI使ってダンサーの動きをピアノ演奏に反映させる試み

どこにどうAI(人工知能)が活用されているのかよくわからないのですが、面白いのでご紹介します。

ヤマハ株式会社は、11月22日(水)に東京藝術大学奏楽堂で開催されたコンサート「舞・飛天遊」(主催:東京藝術大学、東京藝術大学COI拠点)に技術協力を行い、“ダンスによるピアノ演奏”の実現に挑戦しました。当社が研究開発を進めている「ダンス認識ピアノ演奏システム」によって、世界的ダンサーの森山開次(もりやまかいじ)のダンスに呼応して自動演奏機能付きピアノ「Disklavier™」がメロディーを奏で、世界的名演奏家集団のベルリンフィル・シャルーンアンサンブルとの共演を果たしました。この度、その様子の一部を動画で公開します。

で、人工知能がどこでどう動いているかというと、

当社が研究開発を進める「ダンス認識ピアノ演奏システム」は、人工知能を活用することで、人間の動きをリアルタイムに音楽表現に変換することを可能にします。人間に装着した4種類のセンサー(伸縮センサー、筋電位センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー)の情報をもとに、人工知能が瞬時に動きを解析。動きに関連付けられた演奏データを当社の自動演奏機能付きピアノ「Disklavier™」(ディスクラビア)に送ることでダンスを音楽に変換します。

人工知能を使わずにセンサーデータをアルゴリズムで解析して演奏に反映させたのとどう違うのかってのに興味がありますねえ。

今回のダンサーである森山開次さんはこういうダンスを踊りましたが、ヒップホップ系のダンスとかオタクの人のダンスだと演奏がどう変わるのかも見てみたいものです。

詳しくは、
[動画]AI使ってダンスでピアノを演奏 コンサート「舞・飛天遊」の様子を一部公開 ダンサー:森山開次、共演:ベルリンフィル・シャルーンアンサンブル - ニュースリリース - ヤマハ株式会社

をご覧下さい。

というか、例えばEXILEの人達みんなにこのセンサー付けて楽器につないだらどんな音楽になるんだろうって想像するととても楽しいです。

今日のおすすめ献立

食事の献立に困ったときは!

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34

Trackback People

【BlogPeopleピープル】

レビューミー!

応援&レビューコメント募集中!

アフィリスト

「ブログ」キーワードでのAmazonの商品の表示例。
もっとサンプル見る>>