BlogPeopleトップ | トラックバック・ピープル | アフィリスト | ガチャフォト | 今日のおすすめ献立 | レビューミー | ブログランキング

« 高速道路でUターンしようとしているバス | メイン | 木を降りるヤギ »

無慈悲に赤ちゃんカニを食する妊娠中のカニ

先日テレビでも取り上げられて放送されたので観たことがある人も少ないないかと思いますが、インド洋のクリスマス島に生息するクリスマスアカガニです。

番組では産卵のために森から浜辺に移動する際に車で轢かれてしまったカニを食べる別のカニの映像が放送されましたが、これは妊娠カニが栄養を取るだめの行為であるため非難されるものではないというナレーションがついていました。

で、今日ご紹介するのも同じような映像です。

無事浜辺にたどり着いたカニは交尾して卵を産むわけですが、その卵は海水に触れるとすぐに孵化し、そのまま海に流されていきます。その後、3-4週間にわたって海を漂いながら数回の脱皮を繰り返し、最終的にエビに似た幼虫になって生まれた浜辺に戻ってくるわけですが、その戻ってきた幼虫を妊娠しているカニが食べる、というものです。

まあ妊娠中は栄養が必要というのもわかりますし、食べた数以上に生めばいいんでしょ、といえばその通りなんですが、同種族ですからねえ。これはなかなかショッキングです。

でもクリスマス島には5千万ものクリスマスアカガニが生息しているそうで、食料の奪い合いも相当なもんなんでしょうね。

ちなみになんで5千万ものクリスマスアカガニがいるかというと、クリスマスアカガニってまずいんだそうです。なので食べる敵がいないので繁殖したそうです。


Female Crab Eats Young on the Run || ViralHog - YouTube

今日のおすすめ献立

食事の献立に困ったときは!

アーカイブ

Powered by
Movable Type 3.34

Trackback People

【BlogPeopleピープル】

レビューミー!

応援&レビューコメント募集中!

アフィリスト

「ブログ」キーワードでのAmazonの商品の表示例。
もっとサンプル見る>>